ヤラ川
メルボルン市のほぼ中央をながれるヤラ川。ヤラとは現地のアボリジニ語で「流れる」という意味だそう。川は源流が赤土であるため黄河のような泥色をしている。しかし、ゴミがほとんど見られない。上流でゴミを収集する装置が何カ所かうかべてあるのがみられた。原理はウナギかごのように川上にむかってひらいた口に浮いたゴミが捕獲されると言うもので、ステンレスのパイプ製であった。朝早くからボートやカヌーのトレーニングをしているのがみられ、オィンピックでは金メダリストもでたとのことであった。画面右手にCASINOやフードコートなどがある。画面右の茶色の建物はフリンダース・ストリート駅である。宿泊したCENTRA HOTELから描いた。  (2000.10) (BACK)