河港水門
多摩川には水門がたくさんあるが、川崎側にある日本コロンビアと、 味の素の工場に挟まれた所にある、この水門がきれいだ。絵は対岸からで見えにくいが、「河港水門」と呼ばれるこの水門の頂部には、 川崎名産のナシ、もも、ぶどうの飾りが取り付けてあり、その粋さから、工業地帯であることを忘れさせる。 幻の運河計画のシンボルとして、昭和3年に造られ、国の登録有形文化財になっている。川崎にきて、間もなくのころ、 この水門を、初めて目の前にした時、自分だけの宝物にしておきたい感動に駆られたことを思い出す。ここから5分ほどのところに、 川崎大師があり、くずもちや、喉飴を買って帰るのも楽しい。土地の子供たちは、お大師様と呼んでいる。 (BACK)
詳しい場所のご案内