ガス橋
大田区側から川崎側を見たガス橋。ガス橋は、下丸子と川崎市平間間に昭和4年(1929)、 東京ガス鶴見工場のガスを東京に供給するためにかけられ、昭和35(1960)にいまの橋にかけかえられ、自動車が通行可能となった。 古くは、平間の渡しがあったとのこと。川下へのサイクリングは、ここからスタートする。夕方、この橋は、東京方面からの渋滞が激しいから、車の時は、第2京浜から川崎へ侵入する方がベター。      (BACK)
詳しい場所のご案内