「ルルサス界隈」

室内サークルで「建物と人物添景」をテーマに写真スケッチを行った。写真は前日、天満宮と駅周辺でできるだけ人通りが少ないチャンスに撮影して準備した。それを見てスケッチし人物を沢山入れてみるという練習をした。絵に人物を入れることで作品に温かみが感じられたりストーリーが出てくる。ルルサスはイベント会場のアスピラートと2階でつながっており、渡り廊下にも人を入れた。界隈には普段はこんなに人通りは少なく、都会から初めてきた人には地下街もあるのだろうと思わせるかもしれない。人物を入れるときは小さめに、建物のサイズとアンバランスにならないようにしなければならない。(2017.2.14)
(BACK)