「宮市町1路地」

”路地を描く”をテーマに、市内宮市町の「山頭火の小径」周辺でサークルを開いた。「山頭火の小径」は生誕地から松崎小学校まで東西に路地が続く。描いた道は、山陽道の宮市通りから南へ入った路地で「山頭火の小径」に直角に交わっている。たまに手押し車のおばあちゃんや自転車が通る生活道路。細い路地に面して立派な門構えの古い家屋が目についたり、清流が勢い良く流れる小川がはり巡らされているのを見ると昔の宮市の隆盛を感じる。だんだんとスケッチには暑い季節になってきた。
(2016.6.14)

(BACK)