「徳地・奥畑にて」

 この時期の山の新緑を描きたくて、佐波川流域の県道を遡った。山口市に入り暫く行くと奥畑という看板が立っており、この集落出身の知人もいて以前から入ってみたくなる場所だった。山あいを車で行けるところまで行って引き返し、畳工場の前で描いた。一番先に目に飛び込んできたのは画面右寄りの淡黄色の竹林だった。雲の流れで山が刻々と変化する。この時期の山の色が一年中で一番賑やかかもしれない。(2016.4.29)

(BACK)