「久兼にて」

奥畑からの帰り、久兼のなだらかな棚田風景を描きたくなり車を橋の袂に止めて描いた。日差しと爽やかな風を感じながら。(2016.4.29)

(BACK)