「ソレーネ周南にて1」

梅雨入りしたばかりの3日、スケッチ仲間との約束で雨が降っても描けそうな道の駅「ソレーネ周南」に出かけた。雨女と晴れ男の攻防はいつも部の悪い晴れ男に軍配が上がり、曇り空に回復した。道の駅の裏手を流れる夜市川と遠方の古民家、水田の映り込みなどを意識して描いた。暗い絵になったが雨上がりらしく見えるのかも。
(2015.6.3)
(BACK)