「松下百貨店」

徳山の近鉄松下が店じまいして2年になる。徳山に行ったついでに駅の2番ホームの端で描いた。子供の頃は松下百貨店の最上階の食堂へ行くのが一大イベントだった。高校が汽車通学になり、5階の本屋や6階の催し物売り場で時間を潰したものだ。音が左右に動くステレオを初めて聞いて感動した。大人になってのビアガーデン、子供たちと食堂から見た新幹線などいろんな思い出がつまった建物を描き残しておこうと思った。松下饅頭をつくる機械が休むことなく動いていた時代が最盛期だったように思う。松下から近鉄松下にかわり、南側に別館が出来、建物の色もベージュからピンクへと変遷した。鉛筆で当たりをつけ耐水ボールペンで描いた。描いている途中、貨物列車が一時停止し視界を遮られたりして制限時間内に色付けまで出来なかった。着彩は家で。(2015.5.29)
(BACK)