「防石鉄道」

  孫の相手をしていて人気TV番組「機関車トーマス」のことに詳しくなった。孫は、英国の機関車をモデルにしたキャラクター機関車の名前を車体の色で全部覚えていて感心させられる。そんなこともあって、かつて三田尻から徳地(堀)間を走っていた防石鉄道の蒸気機関車に興味が湧いてスケッチに行ってみた。 防石鉄道は、大正8年〜昭和38年まで走っていた。機関車は明治27年(1894)ドイツ クラウス社製で、川越鉄道で導入されたものを大正7年(1918)に譲り受け、川越鉄道時代の2号の車番を残し使用され、昭和31年(1956)に蒸気機関車の使用を停止した。この機関車は平成8年から鉄道記念広場で展示されている。と説明書きにある。すぐ南側の高架をJR山陽本線が走っている。(2014.10.8)
 
(BACK)