「脇堂と鐘楼」


 本堂の右手に曲がり屋のようになって脇堂(私の仮称)と鐘楼がある。本堂から回廊でつながっており、回廊には時を知らせる大きな木魚(私の仮称)がぶら下がっている。大きな甍の上に煙抜きの小屋根がみえるので、修行僧の食堂などが有るのかもしれない。お寺全体が堂々としていて立派ながら、それにしても人気(ひとけ)が無いお寺である。(2014.10.2)

(BACK)