「旧三田尻銀座」

  むかし、三田尻に「銀座」があった。近くに駄菓子屋のある「マーケット」もあったので、子供の頃このあたりによく遊びに来ていた。「銀座」も「マーケット」も萩往還に面して直角に通りをなしていた。市外のことをしらなかったので、「銀座」という賑やかな町は防府だけにあるものと信じていた。それから5◯年、すっかり「銀座」のことを忘れていて、数年前入り口に差しかかったときに記憶がよみがえった。今は南側の萩往還に面した角に肉屋さんが、北側の端に喫茶店がある(絵の右端の建物)だけで通りは空き家、空き地に変わってしまった。通りの北側に英雲荘がありそこから描いた。描き終えて「銀座」通りをぬけて肉屋のおばさんに話を聞いてみた。間違いなく三田尻銀座で有ること、当時から肉屋だったこと、通りの両側には、魚屋、パーマ屋、床屋、花屋、あんま屋、今、喫茶店があるところにキャバレーがあったことなどを話された。あとで地図でしらべてみると通りの長さは65m程だった。 (2014.9.6)
(BACK)