「金松桜」


周南市鹿野にある一本桜「金松桜」が、4月中旬に満開と聞き出かけた。向道ダムに車をおき、積んでいったバイク(自転車)で桜を目指して鹿国道を北上した。最初の小さな峠をこえて暫く行くと、左手の小山に生えた大きな桜の樹が目に飛び込んできたが、それが目的の桜かどうかはっきりしなかった。大泉というバス停の近くに左に入る三叉路があり「金松桜」の標識が出ていたので左折した。錦川を渡りすぐに左折した。そこにも桜の木まで400mとあったが、いっこうに桜らしき木は見当たらず1kmくらい進んで引き返した。車が止まっていたので、その辺りをウロウロしていると桜のある場所に上がる標識と坂道があった。100mほど登ったところに「金松桜」が僕を待っていてくれた。桜守りの年配の方が優しい口調で迎えてくださった。昨日から今日にかけて一気に満開になったとのことでラッキーだった。桜が遠目に見える場所まで下りて、昼食を取りスケッチした。(2014.4.15)

(BACK)