「石船山から」

 家にいて、あまりにも空気の澄んだ日が2、3日続くのと、Eテレで見た石仏めぐりの番組に後押しされて、右田ヶ岳麓の石船山観音石仏群を観に出かけた。視界の良さは抜群で、予想通り鶴見岳、由布岳が周防灘の向こうにくっきりと見えた。さらにその奥に見えたのは久住連山と思われた。九州の山々を主役に描きたかったのだが、飛行場が目立ちすぎてしまった。(2013.5.8)

(BACK)