「大道理の芝桜」

周南市大道理の芝桜を描くことになり出かけた。テレビや新聞で取り上げられるようになり日曜日とあって大勢の見物客でにぎわっていた。雨上がりで一段と空気が澄んだ山間の、広い棚田に植えられた芝桜は見事だった。透明感のあるピンクや薄紫などを表現するにはおよそ無理を承知で臨んでいたので、案の定の結果には、あきらめの潔さも感じられた。芝桜に「また描きにおいで」といわれながら、大道理をあとにした。心残りを感じて、家に帰り少し手を加えてみた。(2013.4.21)
(BACK)