「富海船倉通り」

 OB会の会合を済ませ周南から帰途へ。椿峠をくだり富海の信号を左折して少し高手からスケッチしようと場所を探したが、結局港の近くで描くことに。踏切脇に車を止め、頭が付きそうな線路下のガードをくぐってしばらく歩き、船蔵の通りを描いた。レンガ造りの倉庫は維新の志士をかくまった飛船問屋大和政助の船蔵付近である。(2013.1.29)

(BACK)