「四郎谷にて」

周南からの帰りに国道2号線、湯野交差点の手前を左折して、四郎谷へ行ってみた。7年位前に棚田を描いて以来だった。峠を越えると海が見え、その辺りに集落がある。集落に下る途中で描いた。四郎谷は赤穂浪士の一人天野屋利兵衛が生まれた部落で、元禄時代の頃から集落があったのだろう。集落の小高いところに小さな校舎みたいな建物が見えたので、スケッチのあと行ってみた。石の門柱があるのでかつては学校だったのだろう。現在は公民館となっていた。小さな校庭には大きな桜の木が2本あった。(2012.10.3)

(BACK)