秋吉台春

山焼きの季節になると、いつか山焼き後の黒い地肌と白い石灰岩と、そこに緑の野原が加わったような構図の秋吉台を描いてみたいと思っていた。そんな都合の良い風景はちょっとムリかなと思っていたが、長者ヶ森駐車場の近くで、そんな場所にめぐりあえることができた。山焼き後の地面はすでに新芽がはえて真っ黒とはいえなかったが、黒を強調して色付けした。緑の野原は青汁わかばかケールか、みたいな草がこの時期に見事なサップグリーンを呈していた。おまけに青空に恵まれて色の対比を楽しんで描くことができた。(2011.4.14)


(BACK)