長沢の池睡蓮

「長沢温泉」へ。入浴(何回でも)・休憩(何時間でも)料金大人¥380だけあって、多少は我慢の部分もあったがまずまずの癒され度。予定より早めに温泉を出て、池の東端にあるポケットパークで描く。睡蓮がたくさんあった。午前中はきれいだろう。描き終わって振り返ると、あづま屋で遅いお昼を食べている女性が。挨拶とほんの少し話をしてわかれた。(2010.6.24)

(BACK)