厳島神社

鞠生町にある氏神様、厳島神社の参道。1389年、室町時代に、大内義弘が鞠生松原で、九州に向かう足利義満をもてなしたと言われる。江戸時代の終わりには江戸幕府の軍との戦いに出る長州藩の騎兵隊が集結した歴史の舞台でもある。日曜日の朝、煙硝のような黄砂のにおいを感じながらスケッチした。(2010.3.14)

(BACK)