玉祖神社の森

このあたりを歩いていると、必ず視野に入ってくる玉祖神社の鎮守の森。おおきな森の中に一歩踏み入れると厳かさを感じる。そんな森の中に守られた玉祖神社(たまのおやじんじゃ 通称たまっさま)は、周防国一ノ宮として由緒深く、御祭神は三種の神器の一つである八坂瓊曲玉を造られた玉祖命である。玉は洋の東西を問わず美しく尊いもので平和のシンボルとされているが四月十日の玉の祭には全国各地から宝石・眼鏡・時計・カメラ業者が参拝する。描いた場所は神社の裏の道で、玉祖小学校へつづく通学路を自由が丘方面から登下校するら生徒の光景をよく見かける。(2009.7.9)

(BACK)