冠山天満宮より

光市の冠山天満宮の境内から武田薬品の沖の小水無瀬島方面を描いた。天満宮と冠梅園は菅原道真公が大宰府に左遷されるおりシケをさけてこの地に停泊したという由来がある。三田尻に立ち寄るまえに此処へ立ち寄られたというこになるのであろうか。(2009.2.18)

(BACK)