西浦開作付近

日曜日の早朝は車が少ないのでサイクリングが楽しい。涼しいうちに家を出、西浦方面に向った。マツダ防府工場の北側の入川土手を防府新大橋方面に進む。途中で水門の工事のため行き止まりとなり、そこで”だぶ”とぽんぽん山方面を描いた。このあたりは「開作」とよばれる地区で、7代藩主の毛利重就が防府の開拓に力をいれ江戸中後期にかけて干拓された。広々とした田んぼの中の道を佐波川に向かい、サイクリングロードを大崎まで遡り7時過ぎに帰宅した。(2008.7.13)

(BACK)