秋穂亀山1

山口市秋穂の陶ヶ岳(252m)から火の山(303m)を縦走し火の山山頂から亀山を描いた。2月のこの時期にところどころに紅葉がのこっていたり、桜のようにみえる白っぽい塊が遠くに見えて不思議だった。火の山はかつて下関の火の山、阿知須の火の山と、のろしをつたえる山だったようだが、そのために険しい道を登ってくるのは大変だったのではなかろうか。(20082.5)
(BACK)