塩釜煙突

入浜塩田の面影を残す釜屋の煙突を描こうと出かけた。どこかの工場の敷地に残っている煙突が記憶にあったので、それを目当てにさがしたが取り壊されたのか見あたらず、しかたなく塩田公園のものを描いた。煙突は見るたびに西に傾いているように見え心配だ。この煙突は高さ12.45mで明治30年代の築造で、昭和17年まで使用された製塩業越中屋所有のものだったとある。
(BACK)