三田尻大橋

カネボウの南沖が埋め立てられてできた築地地区と協和発酵側を結ぶ三田尻大橋は昭和62年に完成した。橋は相当高いところにあるので、大型貨物船の通行を想定してつくられたのであろうが、今ではカネボウに入港していた貨物船もなくなり、桟橋跡も絵の左側のように荒れ果てている。初めて入間川のカネボウ側の道を通ってくると、閉鎖されたカネボウ西門がひっそりとたたずんでいて、そこから海側へ出て描いた。

(BACK)