桑山山頂

桑山山頂にある来目皇子の仮埋葬地で宮内庁の管轄となっている。来目皇子は聖徳太子の弟で新羅出兵の折、九州で病疫死され、桑山すその塔の尾古墳に埋葬した。1785に毛利重就が納涼台を作ろうとして発掘し、山頂へ移設された。朝の散歩にあがってくる人々はみんなここで手を合わせて拝んだ後下山していく。絵の右は、防府飛行場と大海湾である。。

(BACK)