四郎谷・棚田1

昨年9月、稲が青々と成長した四郎谷を描いて以来、田植え時期の四郎谷を描くのを楽しみにしていた。早朝の棚田は風がなくまさに鏡になる。

(BACK)