周防国衙跡


多々良から南下した場所にある広大な空き地が周防国衙跡である。古代律令国家が諸国に置いた役所のこと。律令制の衰退に伴い姿を消していったが、鎌倉時代初期に東大寺再建の造営料国となった周防国の国衙は、江戸期まで存在し、現在まで遺構が残されてきた稀有の例とのこと。旧山陽道は敷地の中央を南北に通る朱雀通りである。当時の建物群を想像すると、すごいと思う。

(BACK)