楞厳寺山から


楞厳寺山のふもとに旧山陽街道佐野峠があり、この峠から眼下に広がる防府平野は太田南敏(蜀山人)が佳景を絶賞し、一詩を賦した。以後、「中国路随一之見晴能所也」と言われ(注進案)、頼山陽ほかの文人に称揚され、その詩文は佐野嶺文学と称されたとある。

(BACK)