英雲荘

承応3年(1654年)、萩藩主毛利綱広により参勤帰国の道中や、封内巡視に際しての宿泊のために建築された。昭和14年防府市に寄贈され、毛利重就の功績を記念し、「英雲荘」と命名された。
防府市お茶屋町にあり萩往還の基点であるお船蔵も近い。市民の結婚式などにも利用される。

(BACK)