NGC

 中関ゴルフクラブの9番ホールである。NGCは昭和40年ころ塩田跡地にできたゴルフ場で当時はグリーンが砂をかためたもので、フェアウエイも塩田の土だったのでどこでもティアップして打ってよいというローカルルールだった。そのころ会社の人につれられて初めてラウンドしゴルフから離れられなくなった。コースは9ホール(PAR35)しかなく、カートを引張ってまわる。はじめてバーディをとったのがこの9番ホールである。

(BACK)