金沢の屋根
ホテルから描いた金沢の町屋根。黒い釉薬塗りの瓦が、朝日の逆光でまぶしく かがやき美しい。金沢市内も五箇村へ向かう郊外もそうであったように、黒い瓦がどの家の屋根にも葺かれており、 整然とした景観の統一感が心地良かった。つるつるの釉薬瓦は雪を滑らせ安くするためのものであるが、輪島塗の光沢 にも通じるものが感じられた。 (2002.4) (BACK)